FC2ブログ

腰痛持ちですが・・何か問題でも?

 基本的に腰痛に関する内容をと思ってますが,内容が腰痛以外にも脱線する個人のつづら白書です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-13 [ Sun ]
2012 5 12 1

----------

約4億7000万円!尖閣諸島の募金もスゴイが、この映像もスゴイ!

( ゚д゚) ・・・
何やコレは?

(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

何年か前に埠頭でムフフの後にすてた
ストッキングが成長したのかな??

って・・ん~なわけないやろぅぅ ><。

2012 5 12 2

Cascade Creature 】カスケード·クリーチャー



海で正体不明の怪物発見
12.05.2012, 13:07
http://japanese.ruvr.ru/2012_05_12/umi-kaibutsu-hakken/

動画共有サイトYouTubeで公開された海流探査用深海カメラからの映像が大変な話題を呼んでいる。この映像には学問上未知の生物が映りこんでいた。
映像を見た専門家らの誰一人として、この謎の生物の種を特定することができていない。この生物は、巨大なクラゲに似ている特徴をいくつか持つが、クラゲにはない特徴もいくつか持っている。

この映像がどこでいつ撮影されたのかは不明だが、映像の信憑性への疑いはほぼないといえる。

Love Is BIind / Janis Ian


にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

----------

~産経新聞の記事より~

「日本人も捨てたものじゃない。うれしさで胸がいっぱい」 
尖閣諸島購入で寄付金4億7千万円
  』
2012.5.11 21:31 (1/4ページ)[尖閣諸島問題]
http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-14752-t1.htm 

 東京都の石原慎太郎知事は11日の定例会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入構想に絡んで、都が設置した寄付口座に約4億7000万円が寄せられたことについて、「国が何もしないから、自分たちの手で国を守りたいという意識の表れだ。日本人も捨てたものじゃない。うれしさで胸がいっぱいだ」と謝意を示した。会見の詳報は以下の通り・・・

(2/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120511/lcl12051121330004-n2.htm
(3/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120511/lcl12051121330004-n3.htm
(4/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120511/lcl12051121330004-n4.htm

少し長いけれど・・読む価値はある。

石原都知事を批判する人は多いが、
テレビに出ている国会議員や専門家より
はるかにまともだ!
それでも石原都知事がおかしいと思う国民は、
そいつの思考回路がブッ壊れてる。

玄場外相が、あんな"島"中国にさし上げてもいいんじゃないか・・云々、
という趣旨の発言をしたとか・・
ものを知らないにも程がある。


海の底に目覚めのときが
2012.5.12 07:56 (1/2ページ)[from Editor]
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120512/biz12051207570008-n1.htm

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構が沖縄本島沖の海底に人工の熱水噴出口を作り、周囲にできた鉱物だまりからレアメタル(希少金属)を含む鉱物を回収することに成功した。渥美半島沖では次世代天然ガスとされるメタンハイドレートの事前掘削に着手、鹿児島湾海底では半導体に使われるアンチモンの巨大鉱床が発見された。

 日本の海洋面積は領海と排他的経済水域を合わせて447万平方キロと世界6位を誇るが、日本が申請した海底の開発権を主張できる大陸棚について国連大陸棚限界委員会は4月、4海域約31万平方キロを認定。太平洋海底に国土の約8割もの開発エリアが広がった。

 海底を割ってマグマが噴き出すスポット「熱水鉱床」はマグマに含まれる金属の硫化物が海水で急冷されて固まった成分が積もるため、貴重金属の宝庫とされる。熱水鉱床は火山活動がみられる海底山脈や火山性列島の周辺海域に存在するが、日本近海はこの条件に合う。コストや海洋汚染など課題はあるが、資源大国への可能性を秘めていることは間違いない。

 海底の魅力はそれだけにとどまらない。生命の起源や進化といった研究分野での期待も高まる。

2012.5.12 07:56 (2/2ページ)[from Editor]
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120512/biz12051207570008-n2.htm

 シーラカンスの生存確認と並んで海洋科学における「20世紀最大の発見」とされるのが、1977年の太平洋ガラパゴス沖深海底での「チューブワーム発見」だ。このチューブワーム、数センチから2メートルほどの細長い管状の生き物だが、動物のように口や胃腸などの消化器官はない。かといって、光合成に必要な太陽光が届かない深海におり、植物でもない…。

 その後、チューブワームは体内に硫黄酸化バクテリアを取り込んで共生しており、このバクテリアは海底の熱水噴出口から出る硫化水素から有機物を作っていることが判明する。バクテリアを使って硫黄から栄養を取るというチューブワームの生態は「生命とは光合成する植物と、それを食べる動物」という従来の太陽光中心の生命観を覆したのである。

 地球に生命体が出現して40億年、陸に上がって4億年とされ、海には生命の起源や進化を解明する36億年分の手がかりが残されている。海洋研究開発機構は4月、海底3千メートルまで航行できる新型無人探査機3機を公開した。探査機には資源開発とともに海洋研究でも期待は高まる。海の底に眠る魅力が目覚めつつあるようだ。(地方部次長 大野正利)

"海の底に目覚めのときが"
その前に日本国民が目覚めなければ意味が無い。
そうなれば、腐りきった現政権は深い眠りに入るでしょう!

増税を10%・15%・21%だとかパーパーパーパー言っている
財務省のクルクルパーは、もうほっときゃいい。
そのかわり政権が変わったら元に戻せよな。

無能な外務省の腰抜けは月か火星へでも
長期外交へ旅立ってもらい
二度と地球へ帰ってくるな。

大量の太陽パネルを韓国から取り寄せようとしている
らしい孫正義は、10年か15年先にはガラクタになる
そのパネルを韓国で売ればいいだろう。

日本の未来は、尖閣諸島から始まる!

藤谷美和子・大内義昭/愛が生まれた日 【PV】





----------


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://f3puffh9f.blog62.fc2.com/tb.php/160-26bb3a31

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

2018-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

ヤハウエ

Author:ヤハウエ

ようこそ・・
腰痛で息継ぎができましぇ~ん。

私の事はほっといて、
ごゆっくりどうぞ!

フリーエリア

参議院選挙まで

結婚レシピ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。